コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

音楽との出逢い

いやいや…すごかった大震災


そんなんこんなんで続きがおろそかになってしまいましたが

続きを書いていきます

…納豆食いて~@@何処にも売ってねえし…



その昔テレビでベイシティローラーズが外タレのアイドルとしてブイブイ

いわせていました


俺は興味は無かったが…女の子にモテテいいなって思っていました


姉が大ファンだったついでにロック系のレコードも聴いていたので否が応でも毎日耳に入ってしまい

クイーン、キッスとか…知らないうちにそれらの曲を口ずさむようになっていました

ヒゲはビートルズや、やたらシャウトするジミヘンのような音楽を好んでいたのもありました


小学生のガキが学校の登校中にクイーンのウィーウィルロックユーを大声で歌っていたのを覚えてます

しかもめちゃくちゃそっくりで^^

…自分でしたが^^


算数や国語のノートの表紙にはギターを弾いている キッスのエースのギターから煙を出しているところや、口から

血糊をたらしているジーン、エレキギターをステージに叩き付けてぶち壊しているポールの絵を描いていました

ついでに志村けん、ジャンボ鶴田も好きだったのであちこちに顔を描いたりしてました@@;



ある日NHKでキッスの武道館ライブをやっていて…気分もハイテンションになって彼らのプレイを視て

ぶっ飛んでしまった


もう人生これしかないと決めた…か…どうだかはっきり覚えていませんが小学生の俺にとっては

今でも心に残っている音楽との出逢いでした








スポンサーサイト
コンテントヘッダー

クワガタとプレス破片(続)

そう

その頃からかな

友達が家に遊びに来るようになったのは

俺ん家来ればクワガタを見れるっていろんな友達来ました


来れば切り株鉈で割ってあげては幼虫あげたり成虫が出たら当たりで^^


寒冷地だけに珍しくオオクワガタとコクワガタは越冬する虫だったのです


カブトムシやノコギリクワガタは生まれてもその年…シーズンのみで虫人生が終わってしまいます

オラもそんなコクワガタのように強く生きて行きたいと心にズシ~ンときました



学校での取引の遊びは…学校のあちらこちらに落ちていたために先生の方から

禁止命令が出てしまい…流行らなくなってしまい自分も商売あがったりになってしまいました


バブル崩壊だね~^^;


コンテントヘッダー

クワガタとプレス破片

赤砂にあったカヤブキの家の周りはリンゴ畑だらけでした

近所の家も殆どがリンゴの農家でした…が、今の赤砂はその面影すら

なくなってきていますがね^^;

霧が発生したときにはテレビで視たことのある…まるで天国に来たかのように神秘的で

今思うとマイナスイオン最強な所でした


やはり自然界の生き物もそんな人間の生活とはかけ離れた環境で育ったものはイキイキしていて


自分はまだ子供ではありましたが関心して街の方に住んでる友達によく自慢したりしていました



家の周りにはリンゴの木の切り株がゴロゴロ転がっていて家にあったあまり切れない鉈でその切り株を

砕いて遊んでいました


ある日そんな事をしてると割れた中から黒い虫が現れて…


昆虫図鑑で見たことのあるクワガタだということに気づき

ま~捕れるわ捕れるわ


川から拾ってきたプラスチックの水槽に沢山入れて飼っていました


その当時小学校のクラスでは商業取引ゲームみたいな事がブームになっていて

精密工場のプレスで出た金属の型のスクラップを集めてみんなでやりとりしていました

クラスの殆どが町の方に住んでいたので学校の帰り道にもらったり拾ったりして結構集めていた者もいました

自分は帰り道は…今でいうジャスコ通り…田中線^^がまだ工事の真っ最中でそれを過ぎたら田んぼしか無かった

ので…なかなか金属破片のチップみたいな物は手に入りませんでした



長さ3センチ厚み1ミリ幅5ミリくらいのプレートを一枚約10円位の価値にして

それを10枚集めると大蔵省役の子に持ってって十字架のプレート一枚と交換してもらうのです



自分はなかなか集まらないので思い切って…家に飼ってるクワガタを売ってみることにしました

もって行くと行列が出来しまい…いったいいくらで売れば良いのか…まったく段取りがなってなくて

とっさに憧れの十字架プレート一枚と一匹を取引してしまっていたのです

クワガタの大きさもまちまちで苦情もありましたが完売したときには十字架プレートがビニール袋いっぱいに

なりました

十字架10枚で梅仁丹味のつまよう枝と交換して舐めては酸っぱ美味しくて感動したものです



それ以上集めたら何と交換できるかは…忘れてしまいましたが当時は大変面白いゲームでした



どうやらその頃からかな…クワガタが欲しくて赤砂の家に来る友達がだんだん増えて

忙しくなった事を今でも覚えています


眠くなったので・・・寝ます







コンテントヘッダー

アンチ秋宮リンク

下諏訪南小学校の授業で冬場はスケートが週二回ありました

スケート靴なんて買ってもらえるわけでもなく

もちろん貰ったお古です

サイズもぶかぶかで靴下を三枚位履いて…

鬱血状態でスケート靴を履き二周もすれば冷たさも手伝い

痺れ始めスケイティングを楽しむとかの次元ではありません


それが毎回苦痛だったのです

学校の授業ならば学校側で靴を支給して欲しかったな…

なかにはフィギャーの白い靴履いてる人もいて
クルクル回っちゃったりしてうらやましかった


とにかく秋宮リンクへ行く事が苦痛だった


ある日の事ですが心から足が痺れ過ぎて

管理小屋に入って行き身体を震わせながらストーブにあたっていたら

みかんと温かいお茶を貰った記憶がある

いつも通りに
コンテントヘッダー

三畳一間(続)

今も昔も楽しく過す時間ってどうしてあっという間に過ぎてしまうんでしょうかね

小学三年生の俺にとってはまったく解りませんでした



明日帰るよって…まるで思わせぶりのようにヒゲに電話してもらって

次の日の夕方になると駄々をこねて帰ろうとしなかった


そんなことを繰り返していても時間がどんどん過ぎてしまい一週間

あきらめ…やむなく帰ることにしました



帰る当日になってやっぱりいやでいやで仕方が無くなり体全身がパンクしそうでした

だから…「田舎に帰りたくない!!」って泣きじゃくって…

母をかなり困らせたのを今でもしっかり憶えています

どうして涙ばかり出す人生なんだろうな


どうしてもどうしても母の近くに居たかった

悲しんで育った田舎になんて未練は無いから

全部忘れて新たな人生を母と過したかった


そんな事はあの頃の俺にはとても出来ず…

帰ることにしました



新宿駅

下り電車

急行アルプス

満席


母は新聞を買ってきて…「これをお尻の下に敷いて座ってきなね」

俺は声を出すと涙が出てきちゃうから我慢してうなずいていました


ベルが鳴り…

ドアが閉まる

途端に涙が溢れ出し…

「ありがとう」も言えず

新聞に座って、うずくまって、下諏訪へと向かった…







プロフィール

Author:gauze
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。